LED照明の専門店

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-911-172
トップ -> いつ切替える?

いつLED照明にするのがよいか

いま使用していて問題もなく不便もない照明器具を変える必要はありません。

いま使用していて問題もなく、不便もない照明器具を替える必要はありません。
切り替えのタイミングは点灯時間に大きく影響されます。照明を短い時間でお使いの場合はあまり費用的な効果は見込めません。
しかし、一つでも下記のことに当てはまるなら、替えることをお考えください。初期費用ゼロプランなら、LED蛍光灯管の導入時にかかる、工事代金や、購入代金などの初期費用をゼロで、しかも毎月の電気代の削減額以下でお支払いいただけます。LEDに切り替えることにより毎月の支出額が少なくなります。

○大きな経費の削減ができる場合
使用している本数が多い、または長時間使用する場合は大きな経費削減ができます。LEDの効率アップと電気代の値上がりで、省エネタイプのFH器具でも削減できる様になってきています。

イメージ

○蛍光灯器具の安定器を交換するとき
蛍光灯器具の安定器は寿命があります。同じ時期に取り付けた器具で1台が壊れると、ほかの器具でも交換の時期が近くなります。

○事務所、店舗などを新装、新設するとき
新しい照明器具はLEDが便利で快適です。しかも電気代が安くなります。

○電気代が上がるとき
電気代は消費税のがりとともに、燃料費調整金が平成26年6月に大幅に上がります。この2年間で実質的に30%以上の値上がりになっています。

○電力会社に高い料金を払いたくないとき
LEDにすれば照明器具の電気代は蛍光灯に比べ半分以下になります。多くの事務所、店舗では照明は電気代のかなり(20%程度)を占めています。イメージ

○LEDのことが気になるとき、交換で楽をしたいとき
LEDは便利で快適です。一度変えれば10年間交換不要で手間が省けます。変えるのが大変な場所では非常に楽になります。費用対効果で替えることを考えましょう。

ページトップへ戻る

Copyright(C) 株式会社テレサービス All Rights Reserved.