LED照明の専門店

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-911-172
トップ -> いつ切替える? -> 点灯時間

点灯時間を中心にみた交換時期

経費削減効果から見た、点灯時間別の節電効果を見てみましょう

今の電気代の支払額と、LEDにした場合の分割支払額+電気代で、支払額が減るのか、減らないのかで説明しています。電気代は従量電灯の一般向けの単価で見ております。大口契約の場合は結果が異なります。

1)24時間点灯する場所

長い間使用する場所では節電の効果が大きい


長い間使用する場所では節電の効果がおおきく出てきます。
24時間点灯する、24時間営業の店舗、病院、エレベータホール、廊下などの共用部分は節電効果が大きく出ます。節電効果の大きいHF蛍光灯でもLEDに交換すれば節電の効果が充分出ます。
当社の「分割4年&5年保証プラン」では、LEDにした場合の電気代の削減額+分割月額の合計の支払いは、省エネタイプのHF蛍光灯管や、通常使用される蛍光灯器具のいずれでもLEDにした場合の電気代の削減額+分割月額合計の支払い金額は蛍光灯の電気代より小さくなります。

ページトップへ戻る

2)12時間程度、週に6日

店舗など12時間程度、週に6日稼動する場所

イメージ

1日12時間程度、週に6日稼動する店舗などでは、節電効果の高いHF蛍光灯器具を含むすべての蛍光灯器具で充分節電効果が出ます。今のLEDは初期のLEDに比べ節電効果が20-30%程度向上しています。より少ない消費電力で明るくなっています。
当社の「分割5年&5年保証プラン」では、LEDにした場合の電気代の削減額+分割月額合計の支払い金額はラピッド型など通常の蛍光灯の電気代より小さくなります。
HFインバータ型の場合は電気代の支払いと変わりませんが、分割の支払いが終わる6年目からは、LEDの電気代だけの支払いとなり効果が大きく出ます。

写真は当社施行のスーパーマーケットです。

ページトップへ戻る

3)会社工場など10時間程度、週に5日

ラピッド型、スタータ型など通常の効率の蛍光灯ではメリット

LED直管 LED蛍光灯

このケースではラピッド型、スタータ型(グロー型)など通常の効率の蛍光灯ではメリットが出ます。
HF管の場合は変えるメリットは少なくなりますが、それでも10年間でみれば節電効果はかなりあります。
当社の「分割6年&5年保証プラン」では、LEDにした場合の電気代の削減額+分割月額合計の支払い金額はラピッド型など通常の蛍光灯の電気代とほぼ同じか小さくなります。
HFインバータ型の場合は逆に毎月の支払い金額は少し大きくなります。しかし分割の支払いが終わる7年目からは、LEDの電気代だけの支払いとなり効果が大きく出ます。

ページトップへ戻る

4)少ししか点灯しない場合

LEDに交換しても節電の効果はありません

アプラアイトLED電球

トイレ、倉庫、会議室、応接室など短い間しか点灯しない場合はLEDに交換しても節電の効果=電気代の目に見える削減はあまりありません。しかし10年という長い目でみればそれだけ少ない電気代になります。電球の交換の手間を減らすとか、直ぐに点灯する快適性とか、利便性とLEDの価格で判断しましょう。小さなW数の電球で60W相当以下のLED電球は交換するのに充分安くなっているといえます。点灯時間が短い場所でも消灯し忘れる場合は交換すれば節電が期待できます。
蛍光灯では管の交換の手間がわずらわしい場合はLEDにしてもよいかもしれません。しかしあまり使わない応接室や、会議室では効果は期待できません。事務室を交換する際に一緒に交換するという考えはあると思います。単独で工事するより安くできるからです。
5年後10年後に、蛍光灯管の生産が少なくなり、価格が高くなったり、生産そのものが中止になるなど、LEDなど蛍光灯以外の照明器具に変えなければならない時代が来るかもしれません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 株式会社テレサービス All Rights Reserved.