LED照明の専門店

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-911-172
トップ > 豆知識 > 蛍光灯器具

蛍光灯の器具flurcent lamp appliance

蛍光灯器具の3つの種類スタータ型と、ラピッド型、インバータ型の特徴について説明します。

(1) スタータ型

(1) スタータ型
イメージ

3種類の中で一番古い点灯法で、多くの場所で使用されています。
そのため古い建物に多く使用されています。また器具の価格も安いので、新しい建物でも工場や、住居で多く見られます。
また事務所などでも使用されます。
消費電力は40型(120cm)の蛍光灯管1本で約42Wです。


ページトップへ戻る

(2) ラピッド型

2) ラピッド型
イメージ

ラピッド型はスタータ型の「点灯が遅い」という欠点をなくすために出来た方法です。
ラピッドは英語の「rapid」で「すぐに」という意味です。器具の価格がやや高いのですが、事務所や、病院、施設、店舗、住居などで多く使用されています。
工場、住居などをのぞけばこの器具が一番多く使われているようです。
消費電力は40型(120cm)の蛍光灯管1本で約42Wです。

ページトップへ戻る

(3) インバータ型

(3) インバータ型
イメージ

インバータ型は3種類の中で最後に出て来た点灯方で、ちらつきや、消費電力の改善がなされています。
蛍光灯管は商用電源(*1)の周波数(50または60ヘルツ=1秒間に50または60回の周期)で点滅を繰り返していますのでちらつきがあります。
インバータはこの周波数を内部回路で高くして、ちらつきを押さえると同時に発光効率を高めています。そのため消費電力が少なくても明るいのが特徴です。器具の価格も高いのですが、消費電力が少ない点などで最近の建物で多く使用されています。点灯時間の長いコンビニなどでも多く見られます。
消費電力は40型(120cm)の蛍光灯管1本で約34Wです。

* 1)家庭、事務所、工場などで電力会社から供給される100ボルトなどの交流電源です。家庭などでコンセントからくる電気のことです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 株式会社テレサービス All Rights Reserved.