LED照明の専門店

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-911-172
トップ > 豆知識 > 器具の見分け方

LED蛍光灯器具の見分け方type of appliance

蛍光灯器具は点灯の仕方により、大きく分けて3つの種類に分かれます。スタータ型と、ラピッド型、インバータ型です。ここでは主に直管の蛍光灯器具についてこの3つ種類の見分け方を説明します。

(1) グローランプまたは電子点灯管から

(1) グローランプまたは電子点灯管から
イメージ

器具に図のようなグローランプ、または電子点灯管が付いている器具はスタータ型です。器具の周りを見ると小さな2cmを超える穴が空いていてそこにグローランプや、電子点灯管の一部がでていて、手で取り外し、取り付けが出来るようになっています。

この方法で、スタータ型かそうでないかを見分けることができます。

ページトップへ戻る

(2) 蛍光灯管の型番から

(2) 蛍光灯管の型番から
イメージ

蛍光灯管のどちらか一方の端子(ピン)近くのガラス部分の面に型番が書かれています。

  • ① FLXXXXXXとFLから始まり、FLRでないものはほとんどの場合、スタータ型です。
  • ② FLRXXXXXとFLRで始まるものはほとんどの場合ラピッド型です。
  • ③ FHFXXXXXとFHFで始まるものはインバータ型です。

蛍光灯器具は、蛍光灯管が間違ったものを使用しても、点灯することがありますので 、できるだけ蛍光灯器具本体で判別することをお薦めします。 蛍光灯管の種類から器具を見分ける場合は注意が必要です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 株式会社テレサービス All Rights Reserved.