LED照明の専門店

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-911-172
トップ > 豆知識 > LED蛍光灯管

LED直管(蛍光灯管)の知識LED

節電で一躍脚光を浴びているLED照明は直流電源(DC)で点灯する照明です。
家庭や工場に供給されている100Vの交流電源(AC)では点灯しないため直流電源に変換する必要があります。
このため、従来の蛍光灯管に変わるLED直管の利用には大きく3つのパターンがあります。

(1) 電源なしのLED直管

イメージ

専用の照明器具に専用の配線をして、DC電源を外部に別途もうけて複数にの照明器具に供給して照明するLED直管です。 照明器具内部にAC/DCコンバータを設けるタイプもあります。

節電効果が高く、また早くから開発されていたため、コンビニなど24時間使用で、入れ替えの効果が高い場所で使用されていることが多いのがこのタイプです。
LED直管のコストは安くなりますが配線などの工事と専用器具への入れ替えが発生します。

ページトップへ戻る

(2) AC/DCコンバータ内蔵、器具内部の配線変更の工事が必要なLED直管

イメージ

LED直管に内蔵のAC/DCコンバータで商用のAC100/200VをDCに変換して点灯します。 LED直管の電源は商用のAC100/200Vに限られますので、既存の蛍光灯器具の内部の配線を変更する工事(*1)が必要です。

LED直管のコストはやや高くなりますが、器具の入れ替えはなく、節電という意味では(1)とほぼ同じ効果があります。

初期費用を掛けたくない、賃貸などで器具の工事が出来ない場合は次の(3)になります。

*1)安定器、電子回路などのバイパス工事

ページトップへ戻る

(3) AC/DCコンバータ内蔵、器具内部の配線変更工事が不要なLED直管

イメージ

既存の蛍光灯管の両端にかかる電源を、LED直管に内蔵の特殊AC/DCコンバータでDCに変換して点灯します。 既存の蛍光灯器具で蛍光灯管にかかる様々な電源(*2)でも動作するようにAC/DCコンバータが作られていますので 既存の蛍光灯器具の内部の配線を変更する工事が不要です。全ての器具で動作を保証するものではありませんので詳細はお問い合せ下さい。

LED直管のコストは高くなりますが、工事が不要で購入して入れ替えるだけで容易に節電ができます。 しかし節電効果は(1)や(2)にやや(10%程度)劣ります。
賃貸などで器具の工事が出来ない場合などを除いては、適当な時期に器具を工事するのがいいでしょう。 その場合でもLED管はそのまま使え、節電効果は(1)や(2)と同等になります。

*2)スタータ型(グロー)、ラピッドスタータ型、インバータ型などで変わります。

ページトップへ戻る

(4) LED蛍光灯を既存の蛍光灯に取り付ける

イメージ

LED蛍光灯を既存の蛍光灯に取り付ける。 当社のLED蛍光灯管は、スタータ型(グロー菅や電点灯管を使う蛍光灯器具)では、グロー菅や電子点灯管を取り外せば既存の器具でそのまま使用できます。

器具が古い場合やスタータ型以外のラピッド式、インバータ式の器具の場合は工事が必要です。工事には資格が必要ですので電気店等にご相談下さい。器具の見分け方はこちらをご覧下さい。 疑問や、分らない点はこのページ右上のフリーダイヤルまたはお問い合せよりお気軽にお問い合せ下さい。

ページトップへ戻る

比較表

項目 電源なしのLED直管 AC/DC内蔵 工事必要 AC/DC内蔵 工事不要
節電効果 高い >=同等か高い >やや劣る
初期費用 高い >やや低い >低い
LED管交換費用 低い <やや低い <やや高い
ページトップへ戻る

LED電球LED

LED電球

イメージ

電球に比べ省エネ効果が高いLED電球が普及してきました。
白熱電球と比べると約10分の1、電球型蛍光灯と比べても約半分の節電になります。価格は電球型蛍光灯を下回る ようになってきました。

よく980円で目玉として電気店で売っていますが、LED電球は明るさによって価格が大きく違うので注意が 必要です。小さな光しか出さなくて狭いところで使用するものが多いようです。

また、消費電力が大きくても、光が弱いものも多く見られます。
大手メーカーの製品はこの点がしっかりしていて、消費電力を最大限に光にしています。
直輸入品や、大手以外のメーカーでは消費電力と発光の出力(光束=ルーメン)をよく見ることが大切です。

消費電力は7Wなのに全光束が300ルーメン台のものも見受けられます。発光効率=ルーメン/Wで表示すると、よく分ります。白い色で1Wあたり80ルーメン、電球色で60ルーメン以上有れば合格と言えます。

LEDは直下が明るいので単純には蛍光灯や、電球とは比べられませんが、まわりを明るく照らすには全光束が大きなものほど向いています。

同じ消費電力では電球色は昼白色(白い)などにくらべ光が弱く、光束(ルーメン)は小さくなります。明るさを求めるならば、昼白色(やや黄色い白)、昼光色(昼間のような白)を求める方いいでしょう。

アプライトシリーズでは発光効率のよい、電気を無駄にしないLED電球を厳選して販売しております。日本メーカの商品と変わらない、仕上がり、性能、品質を直輸入価格で販売しています。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 株式会社テレサービス All Rights Reserved.